ヒリヒリする肌荒れ

何となくお肌がヒリヒリとする。そんな風に感じている人もいるかもしれません。何かトラブルがあるように見えなくても、実は皮膚の表面にある角層という部分がとても薄くなってしまい、さまざまな刺激が皮膚の深い部分に届きやすくなってしまっていると、このヒリヒリとする肌荒れが起こることがあります。

 

 

皮膚の角層は、お肌を外側からの刺激から守るバリア機能の役割がありますが、この部分が薄くなってしまうとバリア機能がなくなるためにヒリヒリとした刺激を感じるんです。バリア機能がなくなると、お肌の中の水分も失われやすく、乾燥肌にもなりやすくなります。

 

 

このような肌荒れを起こしている時には、必ずしっかりと保湿をすることが大切です。保湿をすることでお肌にバリア機能を取り戻させることができますよ。もし、触ってみてお肌が熱を持っているというときには、炎症が起こっているということですので、できれば皮膚科で外用薬を処方してもらいましょう。肌の火照りが鎮まったら、角質層を育てていくことが必要になります。

 

 

 

しっかりと保湿をすることで、角質層は育てることが出来ます。細胞間脂質であるセラミドなどが含まれているスキンケアを使用してケアをしましょう。