やっぱり保湿です!

妊婦さんは新陳代謝が活発になるので、美肌を作る女性ホルモンもたくさん分泌されます。

 

しかし妊婦さんはホルモンバランスが変化することで、通常のスキンケアでは肌トラブルが起こる場合があります。

 

エストロゲンは紫外線のダメージを受けやすくし、プロゲステロンはメラニン色素を分泌させるのでシミやソバカスができます。

 

妊婦さんのスキンケアでは、紫外線対策として日焼け止めクリームを忘れないようにします。

 

メイクをできるだけ薄くして、肌への負担を減らします。パウダーファンデーションやミネラルファンデーションがおすすめです。

 

肌が特に敏感になっている時は、化粧水は付けないでワセリンで保湿に専念します。

 

妊娠すると皮脂腺の働きが活性化して、ニキビができやすくなる人もいます。

 

しかしニキビ対策の化粧品に含まれるトレチノインというビタミンA誘導体は、経皮吸収では影響が小さいとは言われますが、赤ちゃんの奇形のリスクを高めるので使わないようにします。

 

ニキビはできる前に睡眠をしっかりととったり食事の栄養バランスを整えることで、予防に努めるのが良いです。

 

油っぽくなるのを防ぐために保湿を怠ると、大人ニキビを悪化させるので、ワセリンによる保湿は行います。