産後の肌荒れの改善時期

お肌に潤いを

産後の女性は6週間から8週間ほどの期間をかけて、身体が妊娠前の状態に戻ろうとします。この期間を産褥期といいます。胎児がお腹にいる間は急激に分泌量が増加した女性ホルモンは、産後になると急激に減少します。

 

なので、産後は女性ホルモンのバランスが乱れてしまいます。さらには、育児により生活習慣も乱れ、精神的にも不安定な状態が続きます。これらのことを原因に、産後には肌荒れなどの症状が引き起こされてしまいます。

 

一般的には、産褥期を経過すれば産後の肌荒れは改善されます。

 

また、産褥期といわれている期間を越えなくとも、食事や睡眠時間が安定して、ストレスや精神的な負担の少ない生活を続けていれば、肌荒れが改善される場合もあります。

 

少なくとも、産後6週間から8週間は妊娠前の身体に戻るために必要な期間だと考え、肌荒れが伴うのは仕方のないことだと捉えておくといいでしょう。

 

わかっていても肌荒れは気になってしまうものかもしれません。

 

女性ホルモンに似た働きを持つイソフラボンを大豆製品から摂取したり、肌荒れの症状に合わせた化粧品で直接ケアを施すなどをしてみるのもいいでしょう。

 

 

⇒アヤナスの公式HPで詳しく調べる!