安心出来るスキンケア化粧品

妊娠中は食べ物であったり身体に気を配る必要があります。化粧品は肌に直接つけるものです。

赤ちゃんへの影響を考えると気をつけたいのが化粧品の防腐剤であるパラベンです。

スキンケア製品の中にはパラベンフリーを謳っている化粧品も数多くあります。

肌からパラベンが体へと吸収されて妊婦から検出されています。万全を期すなら避けるのが無難です。

妊娠をするとホルモンバランスが変化をします。

体質、肌質が変わって今まで使っていた化粧品が突然合わなくなるといった事例が発生しています。

普通肌が敏感肌へと変化して肌が乾燥して肌荒れに悩む妊婦さんが数多くいらっしゃいます。

敏感肌をそのままにしてくと肌の機能が弱まり紫外線やほこりなど外部からの影響を受けやすくなります。

妊婦さんのスキンケアは、基礎化粧品を見直すことで改善に向かいます。

これまでの経験よりも成分を重視して選ぶのが得策です。敏感肌用の化粧品は無添加、パラベンフリーな製品が多いです。

オーガニックコスメも肌にやさしい成分を使っています。植物性の美容成分は一見して良いように思われますが、一部の植物は妊婦は避けるべき成分が含まれるので注意です。

成分が濃く含まれる精油のローズマリーやローズはさけた方が良いとされています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment are closed.

関連記事


ランキング


おすすめ記事

ピックアップ記事

  1. 2016.03.22 | マメ知識

    安心出来るスキンケア化粧品
    妊娠中は食べ物であったり身体に気を配る必要があります。化粧品…
  2. 2016.03.13 | 未分類

    妊婦さんに合った化粧品とは
    妊婦になると、それまで使用していたスキンケア化粧品が合わなく…

カテゴリー