おすすめの選び方

女性にとってお肌のお手入れは、欠かせません。
肌をしっかりケアする事によって、美肌作りやシミシワやるみといった、年齢肌を予防できます。
また、これら美容面の効果だけでなく、スキンケアは肌のバリア機能をキープする目的もあるのです。

女性の場合、妊娠中に敏感肌になってしまった、というケースが多いようです。
肌が敏感に傾いてしまう原因は色々とありますが、妊娠して女性ホルモンバランスが変化したり、体質が変化しストレスが溜まるなどして、敏感肌になってしまう場合も少なくありません。

妊婦さんには、肌のバリア機能をアップする作用を持つ成分を、含んだスキンケア化粧品がおすすめです。
セラミドという成分は肌細胞の間に、水分を溜める性質があります。
肌が十分に潤えば角質のキメが整い、バリア機能も正常に働くのです。

バリア機能は水分量が低下すると、落ちてしまう傾向にあるので、水分を蒸発させてしまうアルコールを配合した、スキンケア化粧品は妊婦さんには不向きです。
香料や着色料といった、肌に刺激となりうる成分を含んだスキンケア化粧品も、避けるようにしましょう。
低刺激で保湿効果に優れているスキンケア化粧品が、妊婦さんにはおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment are closed.

関連記事


ランキング


おすすめ記事

ピックアップ記事

  1. 2016.03.22 | マメ知識

    安心出来るスキンケア化粧品
    妊娠中は食べ物であったり身体に気を配る必要があります。化粧品…
  2. 2016.03.13 | 未分類

    妊婦さんに合った化粧品とは
    妊婦になると、それまで使用していたスキンケア化粧品が合わなく…

カテゴリー