『敏感』と言う事に気を使いましょう。

妊婦時はお肌が非常に敏感になっていることをご存じでしょうか。妊娠中はホルモンバランスが大きく変化するため、お肌が非常に敏感な状態になってしまっています。

妊婦さんはお肌のバリア機能が低下するだけでなく、非常に乾燥しやすい状態になっており、更には色素沈着しやすくなっています。

シミやそばかすが増えた、濃くなった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

お肌を気にかけてあげたいところですが、つわりが長引いている人にとっては化粧品独特の香りが受け付けなくなっている人もいらっしゃるかと思います。

やはり、妊娠中におすすめなのは、低刺激で保湿、紫外線対策ができるスキンケア商品です。

安全な原料のみを厳選して作られている化粧水なので、パラペンフリーは勿論、香料など余分なものは一切含まれておらず、化粧水として必要な成分のみが配合されています。

もともとは敏感肌の方向けに発売されているものですが、普通に使用頂いて問題ありません。

このシリーズでは日焼け止めも発売されており、石鹸の一度洗いで落とすことができ、更にはケミカルフリーときています。

妊娠中に限らず、赤ちゃんが産まれてくるとスキンシップが増えるので赤ちゃんに万が一ついてしまっても安心なものを選んであげたいところです。

妊娠中はシンプルな化粧品でしっかりと保湿、紫外線対策をして、楽しいマタニティライフを送りましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment are closed.

関連記事


ランキング


おすすめ記事

ピックアップ記事

  1. 2016.03.22 | マメ知識

    安心出来るスキンケア化粧品
    妊娠中は食べ物であったり身体に気を配る必要があります。化粧品…
  2. 2016.03.13 | 未分類

    妊婦さんに合った化粧品とは
    妊婦になると、それまで使用していたスキンケア化粧品が合わなく…

カテゴリー