この成分はNGです。

妊娠すると母親と胎児はへその緒を通して同じ栄養を摂取することになります。
母親が食べた物だけでなく、スキンケアに使った化粧品の成分が胎児に影響を与えることもあります。

スキンケア化粧品で妊婦が使ってはいけないのが、トレチノインです。

これはニキビやシワ、シミを改善するのに効果があり、皮膚科でも処方されるほど効果が高いです。

トレチノインは特に内服すると、催奇形性のリスクを高めます。

トレイチノインはハイドロキノンと一緒に使うことで相乗効果がありますが、ハイドロキノンも遺伝子を傷つけて肝臓がんを引き起こすことがあります。

それまでシミ治療に使っていた人は、妊娠していることを担当医に伝えて治療をストップします。

また市販のスキンケア化粧品にも危険な成分は含まれています。

それがパラベンです。

防腐剤の役割があり、多くの化粧品に配合されています。パラベンには女性ホルモンのエストロゲンに似た作用があるので、ホルモンバランスが崩れると胎児の健康が危険にさらされます。

さらにアロマの香り成分でもあるベニバナやローズマリー、ローズには子宮を収縮させるので流産する恐れがあります。

良い香りの化粧品だからと安易に購入しないように注意します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment are closed.

関連記事


ランキング


おすすめ記事

ピックアップ記事

  1. 2016.03.22 | マメ知識

    安心出来るスキンケア化粧品
    妊娠中は食べ物であったり身体に気を配る必要があります。化粧品…
  2. 2016.03.13 | 未分類

    妊婦さんに合った化粧品とは
    妊婦になると、それまで使用していたスキンケア化粧品が合わなく…

カテゴリー