妊娠中は身体の変化が大きいですね。

女性ホルモンが盛んに分泌されます。

妊娠すると肌の調子が悪くなったり、肌が荒れたりするようなイメージがありますが、妊娠中は女性ホルモンが盛んに分泌されるので逆に肌の調子が良くなったという妊婦さんも多いのです。

しかし新陳代謝が活発になることで汗をかきやすくなるため、かゆみや湿疹などの症状が現れたり、乾燥もしやすくなるので正しいスキンケアでしっかりと肌を保湿することが大切になります。

また、妊娠中は女性ホルモンが盛んに分泌されることから色素沈着を起こしやすくなります。

しみができやすくなったり体のあちこちが黒ずんでくるという症状を伴うことがありますが、これはホルモンの変化が原因なので確実な予防方法はありません。

妊娠中は肌が乾燥しやすい状態になっているので、保湿はもちろんですがしっかりと紫外線対策を行う必要があります。

夏場だけではなく一年中UV対策を行うこと、洗濯物を干しにベランダに出る際は日焼け止めクリームを塗ることを徹底することである程度の色素沈着を防ぐことは可能です。

またクレンジングの際に肌を擦ってしまうとしみの原因ともなり得るので、しっかりと泡立ててから手のひらで優しくマッサージするように行うこと、手短にクレンジングを終えることも大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment are closed.

関連記事


ランキング


おすすめ記事

ピックアップ記事

  1. 2016.03.22 | マメ知識

    安心出来るスキンケア化粧品
    妊娠中は食べ物であったり身体に気を配る必要があります。化粧品…
  2. 2016.03.13 | 未分類

    妊婦さんに合った化粧品とは
    妊婦になると、それまで使用していたスキンケア化粧品が合わなく…

カテゴリー