妊婦さんの肌ケア

保湿と紫外線対策が大切!

妊娠中は、女性ホルモンであるエストロゲンやプロゲステロンの分泌が活発になるので、肌のハリやツヤがよくなります。

しかし、ホルモンバランスの変化は肌に良い影響をもたらすだけではありません。

エストロゲンが増加すると日光に対する過敏性が増加します。

プロゲステロンはメラノサイトを刺激する作用があるため、メラニンの分泌が促進され、シミや色素沈着が起こりやすくなります。

また、皮脂の分泌が活発になるので、ニキビもできやすくなります。

さらに妊娠中はバリア機能が低下するため、肌が乾燥しやすくなります。

そのため、妊婦さんのスキンケアには、バリア機能の低下を防ぐためにしっかり保湿を行うことと、紫外線対策が重要です。

妊娠をすると今まで使用していたスキンケア商品が肌に合わなくなることがあります。

妊娠中は肌が敏感になっているので、なるべく肌の刺激になるような成分が含まれていない無添加で肌に優しいスキンケア商品を選びましょう。

肌に合うかどうか心配なときは、まずはサンプルやお試しセットなどで肌に合うかどうか試し、問題がないということが分ってから使い始めましょう。

顔だけでなく、体全体が乾燥しやすくなっているので体も保湿クリームなどでしっかりケアしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment are closed.

関連記事


ランキング


おすすめ記事

ピックアップ記事

  1. 2016.03.22 | マメ知識

    安心出来るスキンケア化粧品
    妊娠中は食べ物であったり身体に気を配る必要があります。化粧品…
  2. 2016.03.13 | 未分類

    妊婦さんに合った化粧品とは
    妊婦になると、それまで使用していたスキンケア化粧品が合わなく…

カテゴリー