安心して使える成分の化粧品を

安心して使える成分の化粧品を

妊婦になると妊娠前に使っていた化粧品が合わなくなってしまうという事もあります。
体質が変わるという事もよく言われます。
乾燥しやすくなったり、シミができやすくなったりニキビができたりという事もあります。保湿をしっかりして日焼けをしないようにしましょう。

妊娠中は、肌トラブルが起きやすくなったりという事も多く見られます。
安心して使える化粧品できちんとケアをして綺麗な妊婦さんでいたいものです。

お腹の中にいる赤ちゃんに影響がないのか心配になることもあります。
産後に授乳をはじめても安心して使える化粧品を選びましょう。
香料・着色料・防腐剤・鉱物油・酸化防止剤・石油系界面活性剤などができるだけ使われていないものは安心して使う事ができます。
その他にも、普段は影響がないものでも妊婦の間には避けた方がいい成分もあります。
バラペンやハイドロキノン、サリチル酸などが入っている化粧品は避けるようにしましょう。
化粧品に入っている濃度は少量なことが多いので、皮膚からの吸収によって胎児への影響は少ないかもしれませんができれば避けた方が安心です。肌への負担が少ない成分の化粧品を選ぶようにしましょう。

自然の物だから全部が安心というわけではありません。
子宮を収縮させる香りなども避けるようにしましょう。
ローズマリーやジャスミン、ペパーミントなどは妊娠していない時にはリラックス効果が期待できるのですが妊婦には避けた方がいい香りです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment are closed.

関連記事


ランキング


おすすめ記事

ピックアップ記事

  1. 2016.03.22 | マメ知識

    安心出来るスキンケア化粧品
    妊娠中は食べ物であったり身体に気を配る必要があります。化粧品…
  2. 2016.03.13 | 未分類

    妊婦さんに合った化粧品とは
    妊婦になると、それまで使用していたスキンケア化粧品が合わなく…

カテゴリー